RECRUITING

 コーポレートサイト


RECRUITING

部署を超えてこそ、
実現できる
安全がある。

機械岸野 充
松本道路事務所
施設第一課 施設保全管理班
2014年度入社

この仕事じゃなければ、
出会えなかった
機械ばかり。

たとえば、トンネル。車で通行していると気づかないだけで、さまざまな設備が備えられています。火災対策用の消火設備、細かい粒子を噴射する水噴霧設備、火災検知器や防災受信盤などの通報設備、最新技術を搭載したジェットファンによるトンネル換気設備。トンネルを抜けても、道路情報板や照明、交通監視をするCCTVカメラ、SA・PAの受配電設備など。高速道路は本当に多くの機械で支えられています。私はこれら何十種類もの機械設備の維持・補修作業を担っています。日常業務としては、点検チームからの点検結果をとりまとめNEXCO中日本へ報告、点検・補修計画の立案、その他、工事の現場立会などがあります。現場業務はマニュアルに従って点検しますが、点検・補修計画の立案においては、どの設備のどの部品を修理・交換するかを自分で判断する必要があります。専門家として力を発揮できるのが、やりがいのひとつですね。

安全の維持に、部署は
関係ない。

当社では職種ごとに業務が細分化されています。いわば、各分野のプロフェッショナルが集まっていると言えるかもしれません。とことん担当業務を究められる環境ですが、かといって守備範囲外のことに無関心ではいけないと思っています。高速道路を走っていて、たまたまポットホールという舗装の穴を見つけたときに「土木担当が対応するだろう」とやり過ごすこともできます。それでも、わたしは報告するようにしています。結果的に、土木担当の方が既に気づいていたことだったとしても、決してその報告は無駄になりませんから。高速道路という大きな括りで安全を脅かすものがあれば、違う分野だとしても可能な限り対応することで本来の意味で安全・安心を実現していく。それが仕事で大切にしているスタンスです。

まだまだと思わせてくれる。
だから、続けられる。

入社以来、ずっと機械設備を担当してきました。ある程度の業務はこなせるようになりましたが、一流のプロフェッショナルになれたかと聞かれれば、まったく届かないですね。5年以上やっても得るべき知識やスキル、経験が膨大にあります。設備数が非常に多くどんどん最新技術も投入されるので、知識をアップデートする必要があります。他分野の勉強も欠かさず、入社してから電気工事士の資格を取得しました。故障対応に関しても、1秒でも早く原因を突き止めることが復旧への近道。これまであらゆる故障対応をしてきましたが、それでも経験値が足りないと感じます。後輩を指導する立ち場になっても、自分よりも先輩と接しているとまだまだだなぁと痛感する瞬間に出くわします。悔しくもある一方、裏を返せば何十年と追求できる仕事。学び続ける必要があるって大変なんですが、それがモチベーションにつながっています。

ONE DAY SCHEDULE

  1. 9:00
    出社後、朝礼
    メールチェック
  2. 9:30
    現場立会い
  3. 12:00
    昼食
  4. 15:00
    帰社後、メールチェック
    NEXCOからの依頼対応など
  5. 16:00
    工事書類の作成・整理
    判定会議などの資料作成
  6. 17:00
    翌日の現場作業の準備
  7. 17:30
    退社
仕事の相棒紹介
検電器
電気回路に電気が流れているか確認する際、当たり前ですが手で触ると感電します。そのため検電器を使って、該当箇所が電気を帯びているかを確認しています。電気設備を扱う際では、必ずといっていいほど持参する機器となっています。